iPhone

iPhone6s 予約開始 | iPhone6s 16GBモデルを選ぶと後悔する!

いよいよ、iPhone6sが9月25日(金)午前8時から発売になります。

それに先立ち、ドコモ/Docomo、au/KDDI、ソフトバンク/SoftBankとも

9月12日(金)午後4時1分から予約を受け付け開始です。

発売されるモデルは

色は、シルバー、ゴールド、スペースグレー、ローズゴールドの4色でiPhone6s、iPhone6s Plus共通です。

Apple Store のモデル別の値段

iPhone6s
 16GB  86,800円(税別)
 64GB  98,800円(税別)
128GB 110,800円(税別)

iPhone6s Plus
 16GB  98,800円(税別)
 64GB 110,800円(税別)
128GB 122,800円(税別)

どのモデルを選びますか?

はっきりしているのは、16GBモデルを選んではダメ!!

16GBモデルを選ぶと後悔します。

私は、iPhone3の8GBモデルで苦労しました。
音楽や写真、ビデオでメモリが一杯になって、写真を撮る度に古い写真やビデオを削除しました。
iOSをバージョンアップするときは、かなりのメモリの空きが必要なので、iOSのバージョンアップをしないで使っていました。

iOS8の場合、iOS8のバージョンアップには、4GBの空き容量が必要です。
iOS9でも同様な空きメモリが必要になるでしょう。

それに、iPhone6sの新しい機能の4K動画、「Live Photos」などは、メモリをたくさん消費するでしょう。

16GBでは、間違いなく容量不足で後悔します。

スナップショットは、私のiPhone6s Plus 64GBのメモリ使用状況です。

IMG_9102.JPG
使用済みメモリ 26.1GB
使用可能メモリ 29.4GB

合計 55.5GB (注)

ミュージック 10.1GB
写真とカメラ  8.3GB
その他    3.79GB

3.79GB(100MB以上使用しているアプリやデータの合計)

あっという間にアプリとデータで22GBを超えてしまします。

16GBでは、すぐにメモリ不足になるでしょう。
OSのバージョンアップにも苦労するはずです。

ですから、16GBモデルだけは、絶対に選ばないようにしましょう。

去年、iPhone6s Plus 64GBを購入するとき予約が殺到して、入手までの期間が1ヵ月くらいかかりました。

そんな時でも、16GBモデルは、短期間で入手可能でした。

くれぐれも、すぐに手に入るからなんていう誘惑に負けて、16GBモデルを購入しないようにしてください。

そんな誘惑に会わないためにも、早めの予約が一番です。

現在、「おとくケータイ.net」から申し込むと、番号そのまま乗り換え(MNP)で最大50,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンが展開中です!

↓   ↓   ↓

おとくケータイ.net お申込はこちら

(注)
64GBモデルの64GBは、10進法で表したメモリ量。
55.5GBは、2進法で表したメモリ量です。
(59.6GBが2進法の本来の容量ですが、フォーマットなどでさらに容量が減ります。)

基準にする表現の違いで、実際のメモリ量は同じです。

-iPhone
-

© 2021 毎日が日曜日 Powered by AFFINGER5