ゴルフ

ゴルフ スライスボールに明日はない! ではどうする?

ゴルフを始めた時に、手打ちはダメ、体幹を使ったボディターンで頭を動かさないように、
ボールを良く見て打てと言われて以来20年、スライスボールと縁が切れずに来ました。

ティショットの落とし所、右サイドに池があれば、2回に1回は池に入れ、右サイドがOBの時は、
思い切り左を向いてOBを避け、両サイドがOBの時は、運に任せて真ん中狙いというゴルフでした。

もう諦めていたけど、ひょんな事から明るい希望が見えてきました。


 

もう諦めていたけど、ひょんな事から明るい希望が見えてきました。

ボディターンは、スライスボールを打つ要素なので、これをやってるうちは、
スライスボールの矯正の泥沼にはまることなる。

スライスボールに明日はない! ではどうする?

ボールを見るな、ダフれ、手打ちをしろ

今までやっていたことを止めて反対のことをすると、スライスが直る。

まずは、フックボールを打つ練習をする。

安定してフックボールが打てるようになったら、
スライスボールを付け足すと、真っ直ぐのボールを打てるようになる。

このように教える桑田泉のクォーター理論を偶然見つけて、練習場で試してみました。

7番アイアンで、まずは手打ちでフックボールの練習、安定してフックボールが打てるようになったところで、
手打ちの後に足の動きを付け足す。
手と足のタイミングが合い出すと、ボールがつかまるようになってくる。
今までと打球音が違って来た。

次にドライバー
アイアンより時間が掛かるが、打ち方に慣れてくると、インパクトでボールを捕まっているのがわかる。
体の力がボールに伝わっている。
練習場が狭いので飛距離が分からないが、距離も期待できそうだ。

この調子で練習を続ければ、スライスオンリーのゴルフから抜け出せるのは間違いない。

私が希望の光を見つけた桑田泉のクォーター理論は、DVD で見ることができます。

 

 

 

-ゴルフ
-

© 2021 毎日が日曜日 Powered by AFFINGER5